2008年04月29日

青学大 美人准教授、ブログ大炎上!4月29日10時0分配信 日刊ゲンダイ


健康食品通販 サプリメント通販 プラセンタ通販

青学大 美人准教授、ブログ大炎上!
4月29日10時0分配信 日刊ゲンダイ


青山学院大国際政治経済学部の瀬尾佳美准教授のブログが大炎上だ。
瀬尾氏は、ブログ「おいしいものが食べたい」の中で、山口県光市の母子殺害事件の被告の元少年(27)に対する死刑判決について、「元少年殺されれば遺族は幸せ」「赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまう。この事件(の被害者)は1.5人だ」とつづったのだ。
瀬尾氏はほかのブログでも、北朝鮮拉致被害者の横田めぐみさんについて「信じられないくらい幸福。こんな限りない日常が終わりになるなら是非拉致されたい」(06年12月)などと、“特異”の持論を展開している。一体どんな人物なのか。
「瀬尾氏は阪大理学部、筑波大などを経て、日本IBMにシステムエンジニアとして勤務。青学には2001年度から専任講師に就任し、専門は環境経済学です。04年には『連帯保証人の経済学』という論文でフジタ未来経営賞を受賞したバリバリの理系エリート。色気のないサッパリとした性格で、あだ名は『ももちゃん』。今回の件で、大学側は『瀬尾准教授は反省しています』と釈明していますが、当の本人は『自分はどこのダレダレと名乗って、自分の意見を個人ブログに書いただけ。大学とは関係ないのに、なんで注意されるのか』と憤慨しているようです」(大学事情通)
批判が殺到している青山学院大広報課職員が言う。
「昨日(24日)、学部長、副学長より瀬尾准教授に対し『掲載内容が社会的に不適切』と注意しました。本人への取材? 受けないということです」
瀬尾氏は「大学の仕事なんてくだらない。適当に病気になって生活保護を受けたい」とも書いていた。大学のセンセイなんか辞めて、いっそ評論家になったらどうか。

最終更新:4月29日10時0分

日刊ゲンダイの編集者の審美眼は狂っているのか?
御世辞にも美人とは言えないけどw
所詮、ド3流の下世話な週刊誌の編集作業をやってると
審美眼もド3流以下になってしまい…
その捻じ曲がった下劣極まりない精神と同様に
醜悪な姿の糞准教授を美しい等と表現してしまうのかねw
大体、理系の出身で政治経済学部の准教授ってw
ようするに理系は御情けで卒業させて頂きましたw
で、一応SEで一般企業に就職したけどボロが出たので
退職し口八丁手八丁でアホ山学院での職に就けましたw
って、事じゃないのw経歴詐称とか平気でやってそうやしw



危険物 乙4 講習会
衛生管理者 第一種衛生管理者 講習会








posted by 丸儲けのWeizmel at 13:01| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アホ山学院大学国際政治経済学部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「光市事件の死者は1.5人」 問題発言准教授を青学が処分へ4月28日17時35分配信 J-CASTニュース


健康食品通販 サプリメント通販 プラセンタ通販

「光市事件の死者は1.5人」 問題発言准教授を青学が処分へ
4月28日17時35分配信 J-CASTニュース

「光市事件の死者は1.5人」「元少年が殺されれば遺族は幸せ」などと青山学院大学国際政治経済学部の瀬尾佳美准教授がブログで発言していた問題で、同大が特別委員会を急きょ設置し、瀬尾准教授を処分する方針であることがわかった。瀬尾准教授の発言をめぐっては、インターネット上で大きな批判を浴びており、同大に抗議が殺到。学長や准教授が謝罪する事態にまで発展していた。

■「特別委員会」を設置、連休明けにも何らかの措置

瀬尾准教授のブログでの発言に抗議が殺到している問題を受けて、青山学院大学が2008年4月28日に「特別委員会」を設置したことが分かった。同大によれば、瀬尾准教授への処分も含め、この問題についての協議を行う。

同大広報課はJ-CASTニュースに対し、同委員会の設置理由について「あらゆる場面を想定して話を進めている」と話しており、「(准教授への)処分についても話し合われると受け取っていただいて結構です」としている。瀬尾准教授には、連休中ということもあり自宅待機命令などは出されていないが、連休明けにも何らかの措置が取られる可能性が高い。

騒動の発端は、瀬尾准教授のブログでの発言。瀬尾准教授は、2008年4月22日に被告の元少年を死刑とする差し戻し控訴審判決が出た光市事件について、

「差し戻した最高裁の判事の妻は、おそらく専業主婦で、TVばっかり見ていたため洗脳され、夫の仕事にも影響したのだろう」
「元少年が殺されれば、報復が果せた遺族はさっぱり幸せな思いに浸るに違いない。自分の血を吸った蚊をパチンとたたき殺したときみたいにね」

と述べた。さらに、光市事件で殺された母子のうち幼児を1人と数えず、「永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ」と書き込んでいたため、ネット上で「被害者に対して失礼だ」といった批判が相次いだ。また、過去に書いたブログで大阪府知事や拉致被害者家族についても、

「大阪府知事なんかエロノックだって務まったくらいですから誰でもかまいません。ま、人間の廃物利用ってところでちょうどいいじゃないですか」
「(拉致被害者は)私の目から見ると信じられないくらい幸福です。なのにその幸福に感謝もしないで、いつまでもいつまでも『めぐみっちゃん』とか不幸面してられるアンタが心底うらやましいよ、とTVを見るたびに思います」

と綴っていたことから、インターネット上で騒動にまで発展。ブログでの発言などをまとめた「まとめサイト」も登場した。

■「釈明」も逆効果、騒動がさらに拡大

青山学院大によれば、同大学長の意向を受けて、同大の副学長、学部長が2008年4月25日に瀬尾准教授を口頭で注意。同大ホームページに、伊藤定良学長名で、ブログでの発言が同大の理念や教育方針に照らして適切ではないとして、謝罪するコメントを同日に掲載した。

一方、瀬尾准教授は翌4月26日に「確かに多くの方たちの心を傷つけるような記述があり、深く反省しております」とする「お詫び」をブログに掲載したが、その後、学長に口頭で注意されたとする報道に対し、「注意をうけた事実もない」と反論。

「書き方は悪かったと反省しておりますが、私は幼児を0.5と数えたわけではありません」

とも釈明した。「証拠」としてブログの「コピー」を示したが、その部分が書き換えられていたため、「反省してない」としてネットユーザーのあいだで騒動がさらに拡大した。

こうしたこともあってか、青山学院大学広報課によれば2008年4月28日現在でも「電話がひっきりなしで、かなりの数の抗議が来ている」という。

最終更新:4月28日19時46分

香具師のブログに釈明文を見に行ってきたが
全く釈明になってないw全然反省の色が伺えませんw
そんなに日本国や日本国民が嫌いならば
とっとと、この国から出て行けw
というより、こんな香具師早く国外永久追放にしろw
てか、北朝鮮行っとけw
他に類を見ない程、醜悪な容姿と歪んだ精神を併せ持つ…この世の悪魔
せめて心ならずとも美しく生きていけば良いものを。↓




転職 求人 仕事情報
マンスリースペック SS派遣 ガソリンスタンド派遣
危険物 乙4 講習会
衛生管理者 第一種衛生管理者 講習会











デリヘルアルバイト 風俗求人 風俗アルバイト
posted by 丸儲けのWeizmel at 10:19| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アホ山学院大学国際政治経済学部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

「光市事件の死者は1.5人」 准教授の記述で青山大学長が謝罪4月25日22時33分配信 産経新聞

マンスリースペック SS派遣 ガソリンスタンド派遣


「光市事件の死者は1.5人」 准教授の記述で青山大学長が謝罪
4月25日22時33分配信 産経新聞


青山学院大学(伊藤定良学長、東京都渋谷区)は25日、同大学の教員が個人HP(ホームページ)に記した記述が不適切だったとして、学長名義での謝罪文を大学HPに掲載した。

問題となった記述は、国際政治経済学部の瀬尾佳美准教授(環境経済学)の個人HP内のもの。この中で「私は死刑廃止論者ではない」としつつも「少年に対する死刑には原則反対」と主張、山口県光市の母子殺害事件で殺人や強姦致死などの罪に問われた元会社員の被告(27)=犯行当時(18)=に死刑を科すのは重すぎるとして、「最低でも永山基準くらいをラインにしてほしいものだ。永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ」「まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので『傷害致死』の可能性は捨てきれないと思っている」などと持論を展開した。

さらに、被告弁護団に対する懲戒処分請求を呼びかけた現・大阪府知事の橋下徹弁護士について「大阪府知事なんかエロノックだって務まったくらいですから誰でもかまいません。ま、人間の廃物利用ってところでちょうどいいじゃないですか」と述べたり、差し戻した最高裁の判事の妻について「おそらく専業主婦で、TVばっかり見ていたため洗脳され、夫の仕事にも影響したのだろう」などと書き、ネット上で批判の声が上がっていた。

この騒動を受け、伊藤学長は「当該教員の記述は適切でなく、また関係者のみなさまに多大なご迷惑をおかけしたことはまことに遺憾であり、ここに深くお詫び申し上げます」と謝罪、「今後このようなことが繰り返されることのないよう努めてまいります」とする声明を大学HPに掲載した。

香具師が社会的制裁を受けない限り
学長に謝罪されても意味が無いんですけどw
藻前らにエロノックでも務まった等と言われている…
一大阪府民としては
この程度では
アホ山学院を決して許せませんw



危険物 乙4 講習会
衛生管理者 第一種衛生管理者 講習会








posted by 丸儲けのWeizmel at 00:37| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アホ山学院大学国際政治経済学部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「元少年殺されれば遺族は幸せ」 青学准教授ブログに集中砲火4月24日21時15分配信 J-CASTニュース

マンスリースペック SS派遣 ガソリンスタンド派遣


「元少年殺されれば遺族は幸せ」 青学准教授ブログに集中砲火
4月24日21時15分配信 J-CASTニュース


山口県光市の母子殺害事件判決について、青山学院大学の准教授が自身のブログに、「判事はテレビに洗脳された妻から影響」「元少年が殺されれば遺族は幸せ」といった内容を書き込んでいたことが分かった。ネット上で、被害者側に失礼だなどと批判の集中砲火を浴びている。さらに大阪府知事や拉致被害者家族についても、関係者の心情を逆なでしかねない書き込みが波紋を呼んでいる。

■「国は復讐代行業になった感じ」

ブログを書いたのは、青学大国際政治経済学部の瀬尾佳美准教授(環境経済学など)。IT企業のSE、防災関係の研究員などを経て、同大で教えている。

瀬尾准教授は、ブログ「おいしいものが食べたい」で、2008年4月22日に被告の元少年を死刑とする差し戻し控訴審判決が出た光市事件について、長文で思いをつづった。もともと07年9月21日に書いた日記「光市母子殺害事件と死刑廃止論」に、判決を受けて08年4月23日に追記したものらしい。

その追記「元少年に死刑判決」で、瀬尾准教授は、日本の刑事裁判が被害者遺族の報復の手段になったという意味で、歴史的な判決になったと主張。この事件をきっかけに、「国は復讐代行業になった感じ」と述べた。

そのうえで、マスコミが前代未聞の騒ぎをしたことが量刑の背景にあるとして、次のように書き込んだ。

「差し戻した最高裁の判事の妻は、おそらく専業主婦で、TVばっかり見ていたため洗脳され、夫の仕事にも影響したのだろう(判事の判断は、思いのほか被告の外見とか、外野のヤジとかにかなり影響される、という実証研究がある)」

つまり、最高裁判事がテレビに影響され、無期懲役とした広島高裁に差し戻し審理を命じ、その影響が控訴審判決でも出たという意味らしい。そして、最後に、死刑判決が出たことに対してこう述べた。

「いずれにしても、元少年が殺されれば、報復が果せた遺族はさっぱり幸せな思いに浸るに違いない。自分の血を吸った蚊をパチンとたたき殺したときみたいにね。それだけは喜んであげたい」

■大阪府知事を中傷するような書き込みも

「青学の美人准教授」と話題にして祭り状態の2ちゃんねるでは、追記前の日記についても、疑問視するスレッドがいくつも立っている。

その日記で、瀬尾准教授は、選挙権もない少年への死刑には原則反対だとして、死刑にする場合には、4人射殺の少年事件(1968年)をきっかけにした永山基準をラインにしてほしいとした。そして、「赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまう」として、光市事件で殺された母子のうち幼児を1人と数えず、「永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ」と書き込んだ。これに対し、「(幼児も)命には代わりが無い」などと批判が相次いでいるのだ。

ただ、日記では、幼児が傷害致死、殺人どちらで死んだか分からないとして、「ここでは1.5としておく」と釈明してはいる。

日記には、関係者に失礼ではないかとみられる書き込みも多い。例えば、次のようなものだ。

「『死刑廃止論者の言うことはなにからなにまで欺瞞なのだ』みたいな思考停止は、先進国人というより中国人に近い」
「夏の夜なんかに、日比谷公園で絞首刑の執行。そのぶら下がった屍骸の前で、稲川順二の怖い話ライブなんて結構いいかもしれない」

瀬尾准教授は、橋下徹大阪府知事が弁護士時代に光市事件の弁護人懲戒請求をテレビで呼び掛けていたことについても非難。07年12月19日の追記で、府知事を中傷するような書き込みまでした。

「大阪府知事なんかエロノックだって務まったくらいですから誰でもかまいません。ま、人間の廃物利用ってところでちょうどいいじゃないですか」。

■拉致被害者「めぐみさん」は幸せ?

ところが、この日記で終わりではない。瀬尾准教授が07年初めごろまで書いていたブログ「日々の気になるトピックス」でも、関係者を刺激しかねない書き込みが見つかったのだ。

それは、2006年12月25日付の日記「6ヵ国協議成果なし」。そこでは、北朝鮮の拉致問題を取り上げ、拉致は2か国の問題だとして、他国を巻き込むことに疑問を呈した。そして、拉致被害者の家族に対しても、「違和感」があると打ち明けたのだ。

「私は子供をなくした経験がありますが、『めぐみちゃん』はちゃんと育って、結婚までして、あまつさえ子供まで儲けています。私の目から見ると信じられないくらい幸福です。なのにその幸福に感謝もしないで、いつまでもいつまでも『めぐみっちゃん』とか不幸面してられるアンタが心底うらやましいよ、とTVを見るたびに思います」

ただ、瀬尾准教授は、日本にいることに不満を漏らして、拉致被害者と替わってあげたいともした。そして、「こんな限りない日常が終わりになるなら是非拉致されたい」と明かした。

一連のブログの書き込みについて、J-CASTニュースでは、青学大広報課を通じて瀬尾准教授に取材を申し込んだ。これに対し、広報課では、「取材についてはお引き受けできないとの回答でした。その理由については確認しておりません」と答えた。

最終更新:4月25日13時5分

青山学院大学なw
こんな香具師が准教授になれるとは…
どうせロクな所ではないなw
被害者が1.5人やて?
赤ん坊は半分人間やないとでも言うのか?
どういう神経してるねん?
大阪府知事は誰でもなれるやて?
じゃぁ、なってみせてみろやw
めぐみさんが幸せやと?
じゃぁ、藻前替わりに北朝鮮行って
収容所で生活してみるなり、
飢餓に苦しむ農民として生活してみるなり、
将軍様の慰み者にでもなってこいっちゅうねん!!
このアフォ准教授を即刻解雇できないなら
アホ山学院大学に改称してクデw
少なくとも今後、当ブログにおいては
青山学院大学をアホ山学院大学と表記する事にするw



危険物 乙4 講習会
衛生管理者 第一種衛生管理者 講習会








posted by 丸儲けのWeizmel at 00:25| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | アホ山学院大学国際政治経済学部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする