2016年01月23日

ベッキー騒動余波? LINEが第三者アクセスの可能性についての見解をネットで公表 スポーツ報知 1月23日(土)0時30分配信







ベッキー騒動余波? LINEが第三者アクセスの可能性についての見解をネットで公表
スポーツ報知 1月23日(土)0時30分配信


タレント・ベッキー(31)と「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)の不倫疑惑で、LINEのやりとりがなぜ流出したかが話題を呼んでいる中、LINEを運営するLINE株式会社は22日、「第三者によるLINEアカウントへのアクセス可能性に関する当社の見解について」と題した文章をホームページ上に掲載した。

同社は「ユーザーのスマートフォン端末およびLINEの登録メールアドレスとパスワードが適切に保護されていれば、自身が意図しない形でユーザー情報や、やり取りの内容が第三者に渡ることはありません」と説明した上で、ベッキーなど具体的な名前はあげなかったものの、「一部報道機関でも取り上げられております、第三者によるLINEアカウントへのアクセスの可能性に関し、改めてご説明いたします」とし、3点にわけて言及した。

<1>同一アカウントに複数のスマートフォン端末から同時にアクセスし、トークなどを閲覧することは基本的にはできない。ただし、iPhoneの場合は3つの条件を満たした場合のみ、閲覧できることがある。

<2>PCやタブレットなど、スマートフォン以外の他のデバイスからのログインする時は、本人のスマートフォンLINEアプリに通知が届くため、本人が知らないところでトーク内容が閲覧される可能性は限りなく低い。

<3>スマートフォン自体の盗難等によるアクセスについては、パスワードロックが適用されていない場合は閲覧される可能性がある。

LINEは「引き続きユーザーの皆様にはご自身の各端末の管理、登録メールアドレスとパスワードの管理を今一度徹底いただくようお願い申し上げます」と呼びかけ、ユーザー向けの公式ブログでも「自分のスマートフォンやLINEを他人から守る方法」を掲載した。

最終更新:1月23日(土)1時8分

ようするに、LINE側の見解ではiPhone使ってる場合は
第三者によって不正に盗み見られる恐れが大いにあり得るという訳やん。
しかも、それについて対策をする気は全く無いってゆう風に読み取れるのだけれど。
タレントが不倫云々はおいといて、
プライバシーや個人情報を盗み見られるというのに
LINEを使い続ける価値は何処にあるというのか?
って事を念頭において運営サイドは対策を講じるべきやし
そのうえでユーザーにアカウント、パスワードを推定しづらいものにするよう
呼びかけるのが筋ではないのか?
3つの条件を満たした場合のみって、
その条件を公開しないのは悪用の恐れもあるからやろうけれども
一番の理由はそれらの条件一つ一つが洒落にならん程にやばい、
クリティカルな脆弱性そのものなんちゃうん。
で、タレントやミュージシャンであれば一時的に干されても
再起出来る可能性はあるが…
世間一般でこんなことが起こってしまった場合、当事者はほぼ間違いなく破滅やねんし、
今回被害者がタレントだった為、被害がこの程度ですんだが
今後一切このようなことが無い様に対策する姿勢が見られないという事と、
そもそも、不倫やら何やらの温床になっとる時点で
LINEも闇サイトに認定やな。
あと、いくら芸能ネタ…とはいえ、プライバシーや個人情報を不正に流出させたり、
それを元に記事を作成し載せた出版者や
ニュースにしたマスコミにも多大な問題というか、
犯罪性すらあるというのに
ロマンスがありあまって不倫しちゃったからって
当事者のタレントやミュージシャンばかりをバッシングしてる場合ではないと思うのだが…。
ともあれ、この事件を知る前から
有線で、〜ロマンスがありあまる〜って聞こえる度にむかついてたし、
今やさらにムカついてるけども…。
こっちは有り余るどころか全然恵まれてなくて悪かったな。
不倫がばれてざまみろというのが正直な気持ちであったりもする。



関係者など近しい人物と共謀した上での
「iPad版LINE」を使用しての不正な覗き見説が濃厚らしい…。
posted by 丸儲けのWeizmel at 04:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 闇サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432887762

この記事へのトラックバック