2016年12月20日

ASKAさん覚醒剤使用で不起訴 「尿検査でお茶入れた」と供述 成分検出の液体、尿と確認できず 産経新聞 12/19(月) 19:45配信




ASKAさん覚醒剤使用で不起訴 「尿検査でお茶入れた」と供述 成分検出の液体、尿と確認できず
産経新聞 12/19(月) 19:45配信


東京地検は19日、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)さん(58)について、嫌疑不十分で不起訴処分とした。警視庁組織犯罪対策5課は、覚醒剤の陽性反応が出た液体について、「覚醒剤成分が検出されたことは間違いないが、本人の尿だと確認ができなかった。逮捕が違法だとは考えていない」としている。

同課によると、ASKAさんは11月25日夜、警察官から任意の尿提出の要請を受け、自宅トイレで液体を提出。警視庁の鑑定の結果、覚醒剤の陽性反応が出たため逮捕した。しかし、逮捕後の調べで「あらかじめ用意しておいたお茶を尿の代わりに採尿カップに入れた。覚醒剤は使っていない」と供述したという。

採尿の際、同課員1人とASKAさんの妻がトイレのドアを開けて尿をする様子を背後から見ていたが、「手元まで確認することが困難だった」としている。

警視庁は再度鑑定しようとしたが、採取した液体は微量で、すべて1度目の鑑定で使い切っていた。採尿カップも破棄した後だったため、覚醒剤が検出された液体がASKAさんの尿かどうか鑑定ができず、ASKAさんの供述を否定することができなかった。

ASKAさんは19日午後7時10分ごろ、勾留されていた東京湾岸署から釈放。同日夜、《不起訴でした。》とのタイトルでインターネットのブログを更新し、《無罪です》《みなさん、信じてくれてありがとう》などと書き込んだ。
最終更新:12/20(火) 0:22

尿検査でお茶入れたって時点でアウトやん。
やましいことがあるから採尿しなかったんやろ。
この次は毛髪検査で再逮捕宜しく。




posted by 丸儲けのWeizmel at 20:06| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ギフハブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。