2016年07月13日

中国の南シナ海支配認めず 仲裁裁判所「法的根拠なし」と初判断 産経新聞 7月12日(火)18時16分配信






中国の南シナ海支配認めず 仲裁裁判所「法的根拠なし」と初判断
産経新聞 7月12日(火)18時16分配信


【ベルリン=宮下日出男】南シナ海における中国の主張や行動は国連海洋法条約違反だとしてフィリピンが求めた仲裁手続きについて、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、中国が南シナ海の広い範囲に独自に設定した「九段線」には「法的根拠はない」と認定する裁定を公表した。中国の強引な海洋進出に対する初の国際的な司法判断で、「歴史的権利」という中国の主張が否定された。

裁定は確定的な判断で上訴はできない。中国は一貫して無視する姿勢で、罰則など強制的に裁定に従わせる手段はないが、国際社会が司法判断の尊重を求める圧力を高めるのは必至。中国の立場が苦しくなる一方、南シナ海情勢は一段と緊迫化する可能性がある。

仲裁裁判所は九段線を審理するか否かを留保していたが、裁定は「管轄権を有する」と認定。その上で九段線内の海域や資源について、「中国が歴史上、排他的に支配してきた証拠はない」と指摘し、九段線内の権益をめぐる「歴史的権利」という主張に、「法的根拠はない」と判断した。

裁定は中国が実効支配する各礁を含め、スプラトリー(中国名・南沙)諸島の岩礁はすべて「島」ではなく、200カイリの排他的経済水域(EEZ)のない「岩」と、高潮時には水没して12カイリの領海も発生しない「低潮高地」と認定した。

裁定はまた、フィリピンのEEZ内での同国漁船の妨害や人工島造成などにより、中国がフィリピンの主権を侵害していると判断。中国による埋め立てがサンゴ礁の生態系を大きく損なっているとし、中国の環境保護に対する義務違反を認定した。

仲裁は2013年1月、フィリピンの申し立てを受けて開始。中国は参加を拒否したが、昨年11月には中国抜きで口頭弁論が開かれていた。
最終更新:7月12日(火)21時48分

産経新聞

裁定が下ったところで
中華帝国の海洋進出は止めるつもりないんやろうな。
ま、こちらとしては粛々と海上自衛隊や海上保安庁の装備を拡充しつつ、
周辺諸国と緊密に連携をとり、
中華帝国の侵攻を阻止するより他になし。







posted by 丸儲けのWeizmel at 00:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹島/尖閣諸島/北方領土 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

<参院選>民進の蓮舫代表代行「楽観できない状況」




<参院選>民進の蓮舫代表代行「楽観できない状況」

 民進党の蓮舫代表代行は東京選挙区で、3回目の当選を確実にしたものの、「与党改選過半数が確実」と報じられる厳しい状況。蓮舫氏は10日午後9時前、NHKの参院選報道番組で「楽観できない状況」とコメント。政権交代の可能な党としてどう立て直していくかを問われて「バラバラだと言われたこともありますが、今は組織も一枚岩になっています。一つずつ一つずつ、皆様の信頼をしっかり積み重ねていくことに尽きる」と述べた。(毎日新聞)

こいつが当選してしまう時点で
東京都民が阿呆なのが丸わかりやな。
2番じゃ駄目なんですかなんていいつつトップ当選って…。
ちゃんと釈明しろよな




posted by 丸儲けのWeizmel at 23:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする