2016年06月29日

毎日新聞 6月28日(火)21時41分配信 <岐阜・鬼岩のくさび>愛知の30代男性が名乗り出







毎日新聞 6月28日(火)21時41分配信
<岐阜・鬼岩のくさび>愛知の30代男性が名乗り出


「くさび」が岩に打ち込まれた名勝
◇「2012年に自分が打ち込んだ」
岐阜県御嵩町の国の天然記念物「鬼岩」にくさび2本が打ち込まれていた問題があり、NPO法人「日本フリークライミング協会」(川崎市)の会員で、愛知県に住む30代の男性が「2012年に自分が打ち込んだ」と岐阜県警などに名乗り出ていたことが28日、関係者への取材で分かった。県警は文化財保護法違反の疑いもあるとみて調べている。

同協会によると、鬼岩周辺にある巨石群は1980年代からクライミングスポットとして知られ、当時の愛好者が今回と同じ場所に2本のくさびを打ち込んだという。このくさびが老朽化したため、愛知県の男性が12年9月に新たに打ち直したとしている。

この問題は今月14日、御嵩町が発表。男性は報道で初めて鬼岩が保護の対象になっていることを知り、報道直後に同町や県警可児署に名乗り出た。「知っていたら、やらなかった」と話しているという。【沼田亮】

最終更新:6月28日(火)22時23分

「知っていたら、やらなかった」なら、
やる前にちゃんと調べとけ。
最初に調べもしないで文化財に傷を付けてから言われても
そんなん、下手な言い訳にしかならん。
本当に反省してるんなら
「私がやりました。すんません」だけでええねん。
これだからNPO法人は胡散臭い。

タグ:NPO
posted by 丸儲けのWeizmel at 00:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

情報収集艦、尖閣周辺を往復航行=中国側に懸念伝達―外務省 時事通信 6月20日(月)22時37分配信






情報収集艦、尖閣周辺を往復航行=中国側に懸念伝達―外務省
時事通信 6月20日(月)22時37分配信


防衛省は20日、中国軍の情報収集艦が19日午後から20日午後にかけて、沖縄県・尖閣諸島南方の接続水域の外側の公海上を東西に複数回往復して航行したことを確認したと発表した。

続水域や領海には入らなかったが、防衛省は「今までにない特異な動き」としており、中国軍の動向について警戒監視を強めている。

これに関して外務省は20日、金杉憲治アジア大洋州局長が在日中国大使館の次席公使に対し、中国軍の活動全般への懸念を伝達した。 

最終更新:6月21日(火)1時51分

拿捕しなきゃ。
そうか、撃沈してまえ。
最低でも威嚇射撃くらいしたらなアカンわ。
自衛隊創立50周年記念の祝砲がわりに中華帝国に発砲したったらええねん。





DVD>防衛庁・自衛隊50周年記念観閲式 平成16年度 (<DVD>) -
DVD>防衛庁・自衛隊50周年記念観閲式 平成16年度 (<DVD>) -
posted by 丸儲けのWeizmel at 02:08| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹島/尖閣諸島/北方領土 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「フジロックの政治利用」批判にアジカン後藤が反論 日刊スポーツ 6月20日(月)14時27分配信






「フジロックの政治利用」批判にアジカン後藤が反論
日刊スポーツ 6月20日(月)14時27分配信


今夏開催される野外フェス「フジロック・フェスティバル’16」に学生団体「SEALDs」の奥田愛基氏やジャーナリストの津田大介氏らが出演することに対し、ネット上では一部から「フジロックに政治を持ち込むな」「音楽の政治利用」などと批判の声があがっている。

こうした批判の声に、ロックバンド「アジアン・カンフー・ジェネレーション」のボーカル、後藤正文(39)が「フジロックのこと知らない人が言ってるよね」と反論した。

後藤は20日にツイッターで、「これまでいくつものNGOやアーティストがさまざまな主張をステージで繰り返してきたわけだし」と、フジロックと政治の関係性について述べ、今回の批判について「『読経に宗教性を持ち込まないでください』みたいな言説だよね」と的外れであることを指摘した。

後藤は、「フジロックに」ではなく「音楽に政治性を持ち込むな」という意見であれば、「リスナーは自由に言っていいと思う。そういう意見に忖度するかどうかも、作り手の自由」とした上で、自身は「音楽に持ち込んでいるのは社会性だと思ってるんだけれどね。政治性じゃない。社会と関わろうっていう、あるいは社会と関わらずにはいられない、ってことなんだけど」との考えを示した。

最終更新:6月20日(月)20時34分
日刊スポーツ

いやいや、SEALDsは間違いなく、
夏フェスを政治利用してやろうとしか考えてへんやろ…。
音楽の政治利用は絶対アカンわ。
てゆうか、SEALDsって歌えるの?
ラップ紛いとゆうか、ラップもどきを政治パフォーマンスに取り入れてるだけやん。




posted by 丸儲けのWeizmel at 01:27| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

「体によい」と勧められ…間違えて有毒のゴボウ食べ、40代男性が食中毒 姫路 産経新聞 6月11日(土)8時33分配信








「体によい」と勧められ…間違えて有毒のゴボウ食べ、40代男性が食中毒 姫路
産経新聞 6月11日(土)8時33分配信


兵庫県姫路市保健所は10日、同市内の40代の男性会社員が、ヤマゴボウの一種で有毒植物の「ヨウシュヤマゴボウ」を食べ、めまいや下痢などの食中毒症状を訴えて救急搬送されたと発表した。命に別条はないが現在も入院しているという。

同保健所によると、男性は4日午前11時ごろ、職場の敷地内に自生していたヨウシュヤマゴボウの根を食べた。知人に「体によい」と勧められた植物と間違って、根を生のまま食べたと話しているという。厚生労働省はヨウシュヤマゴボウの根や実を有毒植物に指定している。

最終更新:6月11日(土)11時18分

畑で育てられているゴボウとは、
見ただけで別物と判る程、似ても似つかない物なのに
何も調べないでヤマゴボウって名前につくから安易に食べた奴もド阿呆やけど、
(しかも生でって、阿呆か?)
そもそも、ヤマゴボウって紛らわしい名をヨウシュヤマゴボウを含め、
ゴボウとは縁もゆかりも無いし、
見た目もまったく異なる、全くの別物に名づけてしまった学者も阿呆やな。
食用のゴボウと、信州などで売ってるヤマゴボウ(モリアザミなどアザミの類)とは、
同じキク科の植物で見た目、特に花などはそっくり。
畑のゴボウの方が大型で食べ応えがあるけど、
その辺に生えてるアザミも若くて柔らかい葉や茎は美味やし、
根っこはゴボウと遜色ない旨さ。
なので、信州の人々がアザミ類をヤマゴボウと称するのには納得出来るが
まったく別物にヤマゴボウなんて名づけたやつは責任取れよ。
見た目が少しでも似てるとか食用可能で味が似ているとかならまだしも
まったく似ても似つかない食用不可の有毒植物に付けてもええ名ではないやろ。
学者が動植物に付ける名称にもっと厳密で尚且つ、
一般人にもわかり易い呼称にする様な
厳格なルールを定めるべきではないのか?

posted by 丸儲けのWeizmel at 12:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

尖閣接続水域侵入 外務省抗議は異例の午前2時 程永華・駐日中国大使は「抗議受け入れられない」と反発 産経新聞 6月9日(木)8時53分配信






尖閣接続水域侵入 外務省抗議は異例の午前2時 程永華・駐日中国大使は「抗議受け入れられない」と反発
産経新聞 6月9日(木)8時53分配信


中国海軍の艦艇が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域内に侵入した問題で、外務省の斎木昭隆事務次官による程永華・駐日中国大使に対する抗議は9日午前2時頃に行われた。未明の抗議は異例といえ、日本の毅然とした対応を鮮明にする狙いがあったとみられる。

政府関係者によると、外務省が程氏側の招致を要求したのは午前1時頃。外務省を訪れた程氏に、斎木氏は重大な懸念を表明し抗議した。また、日本の接続水域からただちに出域するよう求めた。

斎木氏の抗議に対し程氏は、尖閣諸島の領有権は中国にあるとの主張を繰り返し、日本側の抗議は「受け入れられない」と反発したという。会談時間は約20分だった。

斎木氏に先立って、石兼公博アジア大洋州局長も劉少賓・駐日中国大使館次席公使に電話で抗議した。

最終更新:6月9日(木)11時9分

もう、自衛隊と海上保安庁の基地作って常駐するしかないな。




タグ:中華帝国
posted by 丸儲けのWeizmel at 23:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹島/尖閣諸島/北方領土 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「強制わいせつ」東大生に待ち受ける罰〜勘違いエリートの末路 大学デビューで「女遊び」三昧 現代ビジネス 6月8日(水)17時1分配








「強制わいせつ」東大生に待ち受ける罰〜勘違いエリートの末路 大学デビューで「女遊び」三昧
現代ビジネス 6月8日(水)17時1分配


「強制わいせつ」東大生に待ち受ける罰〜勘違いエリートの末路 大学デビューで「女遊び」三昧

他人を見下すタイプ
事件の1週間ほど前に、通学する松見謙佑容疑者(22歳)と会ったという、高校時代の同級生が語る。

「松見は昔から自分に自信があるタイプでしたが、東大に入学してからはその性格にさらに拍車がかかった感じでした。

その日、松見とは駅のホームで会ったんですが、僕を見つけると調子よく彼から声をかけてきた。電車内では互いに近況報告をしあう程度でしたが、東大に入れなかった僕を見下した態度をチラつかせるのが気にかかりましたね。

それが決定的だったのは、僕が自分の大学がある駅で降りようとしたとき、『あ、◯◯は東大前駅じゃないんだっけ?』と鼻で笑われたこと。わざわざおちょくってきたことに、正直、腹が立ちました。

そんな奴だから、今回の事件にもさほど驚きませんでした。『松見ならやりかねないよな』と、高校の同級生はみんな言ってます。大学に入ってからというもの、松見が『東大』の名前で女の子をひっかけ、何人も泣かせているという噂はよく聞いていましたから」

5月11日、日本の最高学府である東京大学に通うエリート学生が、女子大生に「強制わいせつ」を働いたとして、警視庁に逮捕された。

「逮捕者は5人出ましたが、その主犯格とされるのが松見です。松見は泥酔させて連れ込んだ一人の女子大生の服を脱がせて胸を触った上、カップラーメンを頭からかけるといった、恥辱的行為まで働いたようです。

女子大生は必死に逃げ出し、110番通報。駆けつけた警視庁・巣鴨署の警官によって、まず松見が逮捕され、女子大生の供述により、残りの4人も19日に逮捕された」(全国紙社会部記者)
大学デビューで「女遊び」三昧

灘高校から東大法学部に進学し、日本興業銀行に入行、みずほ銀行関連会社で働く父の元で育った松見は、自身もまた、開成・麻布と並び「御三家」と称される東京の名門私立・武蔵中学に入学した。

「中学、高校時代は6年間帰宅部で、目立つタイプではありませんでした。クラスの隅のほうで、いつも特定の数人で固まっているような、地味でヘタレな感じでした」(前出の同級生)

その後、松見は1浪して東大工学部システム創成学科に進学。だが、入学後は勉強には身が入らず、「女遊び」ばかりに精を出していたという。

「レポートの丸写しがバレて留年しかけたこともあるほど、勉強はテキトー。その代わり、合コン活動は激しかったですね。松見は入学後まず、『COSMOS』というテニスサークルに入りました。ただ、2年生のときの合宿で、酒に酔った女子部員をトイレに連れ込んだことがバレて、出禁になっています」(工学部の友人)

それでも、松見に反省はなかった。3年生になると違うテニスサークルに入り直し、4年になると今度は、女の子を誘うためだけにナンパ目的のイベントサークルを設立した。そしてついには、今回の事件を起こした。

「松見は他の工学部生と同じく、院に進学する予定だったと思います。勉強はしていませんでしたが、就職活動もしていませんでしたからね」(前出の友人)

絵に描いたようなエリート人生から一転、「強制わいせつ」の容疑者となった松見。はたして、今後、どのような罰が待ち受けているのか。

「被害女性は『絶対に許さない』と怒り心頭ですから、示談には応じず、松見は起訴されるでしょう。

裁判で逮捕容疑の『強制わいせつ』が適用されれば、量刑は6ヵ月以上10年以下の懲役になります。執行猶予がつかず、実刑判決がくだる可能性も十分にある」(前出の社会部記者)

似たようなケースとして、'10年に盗撮で逮捕された早稲田の学生がいる。友人が振り返る。

「彼の場合は不起訴処分に終わったようで、大学も1年間の停学で済みました。とはいえ、その後は大変そうでしたね。就職活動は過去を隠して行っていましたが、『受けている会社にバレたら終わる』と、いつもビクビクしていた。

なんとか就職は決まりましたが、ネットで検索すれば今でも名前が出てきます。この前会ったときも、『今でも隠しているし、将来が不安だ』と言っていた」

過去、同様の事件が「西の最高学府」でも起きている。

「'05年に起きた京大アメフト部員3人によるレイプ事件。このとき、この3人は退学よりも重い、復学すら許されない放学処分になった。

主犯格には4年6ヵ月の実刑。他二人も有罪判決が下りました。3人とも一般企業に就職はできず、一人は司法試験を受けて弁護士になり、もう一人は公認会計士として、なんとか社会復帰は果たしているようです。理系である松見は、フリーのプログラマーか、株のトレーダーにでもなるしかないかもしれませんね」(全国紙司法記者)

いずれにせよ今後は、「東大」を笠に尊大にふるまうことはできなくなりそうだ。

「週刊現代」2016年6月11日号より
週刊現代
最終更新:6月8日(水)17時1分

え〜と、インカレサークルって何の為に存在すんの?
結局、インカレサークルって須らくヤリサーなんやろ。犯罪集団やん。
学内でそういう事すると直ぐバレるから、他の大学の女子に手を出すんやろ。
やる方はもちろん犯罪やし悪いんやけど、
そんな怪しげなサークルの勧誘にホイホイついてく女子も頭悪いな〜
何より、スーフリとか、京大ラグビー部とか、過去に何例も事件起こしてるのに
大学側がインカレサークルを何ら取り締まってないのも問題やん。
あんなん必要か?不要やん?存在自体が犯罪の温床やん?
しやったら、禁止するべきやろ。
最終的には法規制も必要やけど、
取り敢えずは各大学でインカレサークルは絶対禁止にするべき。
インカレサークル作ったり所属したりイベントに参加したら
放学もしくは退学でええがな。
学生の本分を忘れて性犯罪に走る奴を学生として扱う必要は無い。
あえて資金調達のために阿呆でも何でも大々的に囲い込んでるのは近畿大学だけやろ。
表に出てきてないだけで近大も学内に性犯罪者いっぱい抱えてそうやしな。
Kinky Universityだけに…近大=変態大学は近い将来、
猥褻大学になっとるやろうな…。
てゆうか、犯罪者でも司法試験を受けて合格したら弁護士になれるんや…
そんなんで大丈夫なんか?

posted by 丸儲けのWeizmel at 21:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

東大阪市は近畿大学から賄賂でも貰ってるんかしら?

J:COMの東大阪局で流してる
虹色ねっとわーく…という、東大阪市の広報番組があるのだが、
ネタに困ると、やたらめったら近畿大学が出てくる。
あんなん、タダで近大の宣伝してるようなもんやん。
東大阪市もしくは、J:COM東大阪が近畿大学から賄賂とかリベートとか
貰ってるとしか考えにくい…。
てゆうか、近畿大学の方から、金払うさかいに、
広報番組で取材してくれって売りこんでるやろ。
変態大学やし、やりかねん。
てゆうか、昨夜も近大の馬鹿学生が深夜2時以降まで馬鹿騒ぎもとい、
変態騒ぎしていて寝不足気味な上に、
今も変態大学の学生は馬鹿騒ぎしてますわ…。
教授はテレビで馬鹿騒ぎ、学生は近隣の迷惑も顧みず深夜に馬鹿騒ぎ…
近畿大学=変態大学、やる事なす事良識とは程遠いわ。

posted by 丸儲けのWeizmel at 01:44| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

「学生通行禁止」東北福祉大周辺に看板 河北新報 6月5日(日)11時12分配信








「学生通行禁止」東北福祉大周辺に看板
河北新報 6月5日(日)11時12分配信


「学生通行禁止」東北福祉大周辺に看板
学生、通るべからず−。仙台市青葉区の東北福祉大国見キャンパス周辺に「学生通行禁止」と書かれた看板が複数置かれ、学生たちが困惑している。看板は一部地域住民が2009年、学生の通行による住環境の悪化を懸念して設けた。過去に訴訟に発展し、一度は和解したが、住民側の不信感は根強く、円満解決を望む大学側との溝は埋まりそうにない。(報道部・氏家清志)

看板はJR仙山線東北福祉大前駅から国見キャンパスへ続く道路沿いに複数ある。立て看板が置かれた幅約4メートルの直線道路=図=の地目は、私道と、誰でも通れるあぜ道などの法定外公共物が混在している。民家の外壁などにも「学生さん!ここは私道であり、生活道路。公道を利用しよう」などと通行禁止を訴える看板が4枚ある。

事の発端は9年前にさかのぼる。07年3月、同大が福祉大前駅の開業に合わせ、駅前にステーションキャンパスを整備。学生と地域住民の利便性を図るため、その敷地内に大学への近道となる通路を設けた。

開業以降、多くの学生が同駅と約300メートル離れた国見キャンパスを結ぶこの通路を最短ルートとして利用。両キャンパス間の行き来もあり、多い日で1日約3000人の学生が通った。

08年4月、最短ルート沿いや周辺の住民9人が「学生の騒ぎ声がうるさい」などとして、私道の通行禁止を求める仮処分を仙台地裁に申請した。翌月、和解が成立。(1)講義のある日は最短ルートの入り口に大学職員を配置し、学生を市道に誘導する(2)住民の生活を妨げないよう学生を指導する−などを申し合わせた。

和解を受け、大学側は講義の間に職員を周囲に配置し、最短ルートを使う学生に迂回(うかい)するよう指示。指導が実り、学生の通行数は激減した。

だが09年9月、一部住民が「騒音はある程度改善したが、まだ安心できない」などと学生通行禁止の立て看板を設置。その後、学生の通行に反対する住民宅にも看板が貼られたという。

大学側は今年2月に住民と協議。最短ルートの西側に新たなルートを示した上で看板の撤去を求めたが、理解を得られなかった。

榎本等総務部次長は「看板を見た学生は地域から排除された気持ちになってショックを受けている」と指摘。「市道を使うだけでは混雑して学生が道路にはみ出す危険がある。安全上の配慮から、駅から二つ以上のルートが望ましい」と理解を求める。

看板を設置した男性(60)は「以前は道路が学生で埋め尽くされ、車が通行できないほどだった。閑静な住宅街を守る上で看板の抑止効果は大きい」と話し、外す考えはないという。

最終更新:6月5日(日)16時56分

どっちもどっちかなぁ…。
住民の言い分は尤もやけれど、
ある程度改善したのであれば其処は認めるべきやと思うが…。
そもそも、大学側のやり方がまずかったんやろうけれども。
こういう諍いが近畿大学の周辺で起こったら面白いけどな。
その場合、俺は勿論、住民サイドに立つけどね。
世界一の変態大学である近畿大学やて一刻も早く潰れてしまえって思ってるし。

タグ:変態大学
posted by 丸儲けのWeizmel at 18:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする