2016年05月25日

ウィンドウズ10更新、マイクロソフトの「汚いトリック」と批判 BBC News 5月25日(水)13時28分配信





ウィンドウズ10更新、マイクロソフトの「汚いトリック」と批判
BBC News 5月25日(水)13時28分配信


ゾーイー・クラインマン、テクノロジー担当記者、BBCニュース

パソコン基本ソフト(OS)ウィンドウズのアップグレードを利用者に促すポップアップ・ボックスの仕様について、マイクロソフトを批判する声が上がっている。ウィンドウズ10への更新を推奨するポップアップ右上の赤い「x」をクリックすると、ボックスが閉じるのではなく、更新手続きが始まるからだ。

赤い「x」をクリックするとポップアップは閉じるのが、これまで通常だった。それだけに、ウィンドウズ利用者の間に混乱が広まっている。

マイクロソフトによると、アップグレード開始時間を知らせるポップアップが開くので、そこでアップデートをキャンセルできる。

ポップアップ・ボックスの仕様が変わったのは、このアップグレードが「推奨」に分類されており、今では多くの利用者がセキュリティー対策として「推奨」更新を受け入れるようパソコンを設定しているからだだ。つまり、ポップアップを不要扱いしても更新を不要扱いしたことにはならない。

ウエブサイト「PCワールド」の編集者、ブラッド・チャコスさんは「汚いトリック」だと批判する。

「こういう汚いトリックは、長年のウィンドウズ・ユーザーを怒らせるだけだ。おなじみで大好きなOSを使い続けるだけの理由がある人たちなのだから」とチャコスさんは書いた。

マイクロソフトは、「ウィンドウズ10への無料アップグレード特典が7月29日に期限切れとなるので、ウィンドウズの最良バージョンへのアップグレードを手助けしたい」と説明している。

「10月に情報共有したように、『推奨』アップグレード受け入れを設定しているウィンドウズ7と8.1の利用者に、ウィンドウズ10を提供する。ウィンドウズ10の更新を受けるか拒否するか、利用者は選ぶことができる」
(英語記事 Microsoft accused of Windows 10 upgrade 'nasty trick')
(c) BBC News
最終更新:5月25日(水)13時28分

ここまでくると世界最凶最悪のマルウェアはウインドウズってことになるな。
OS其の物が悪意のあるアドウェアやマルウェアとは…。
世界最大のマルウェアメーカーはマイクロソフトに決定やね。
最悪のウイルサー、ビル・ゲイツ。
そのように思われたくないのなら…
Windows10への強制アップグレードをマルウェアとして
Windows Defenderで検出して悪意のあるソフトウェアの削除ツールで
誰でも簡単に排除し、許可しない限りは二度と出なくするようにしろよな。
それが出来ないのであればゲイツ死ね。
ゲイツは無用。マイクロソフトも倒産してまえ。
ゲイツが死んでジョブズを代わりに蘇らせろ。
実際問題これほどに、うっとおしいアドウェアって他にないで。
何せ、感染とか、不審なアプリをインストしたとか、そんなんやなしに
OSに仕込んであるから逃れられへんし、
仕事で作業中にポップアップでたら一々作業中断しなアカンしな。
よくある、「あなたのPCが危険に晒されています!」ってな不安を煽るポップアップと
強制アップグレードって全く同種の物にしか思えない。
実際、海外でテレビ放送中に画面に強制アップグレードのポップアップが出ちゃった事例もある訳だし
水面下でも、
ビジネスシーンにおいて、プレゼンの真っ最中にポップアップ出ちゃった〜とか、
マイクロソフトの強制アップデートによる弊害は、
馬鹿に出来ない金額の損失を生み出し続けているやろうな。
取り合えず、俺は今後、Windowsを初めとしたマイクロソフトの製品は購入しない。
今、持ってるマイクロソフトアカウント等は
Windows8.1のサポート期間が切れたら登録抹消するし。
OSなら、UbuntuやFedoraやCentOSやDebianで必要十分やしな。
オフィスもフリーソフトとか、中古PCについてくるKingSoftのんで事足りるし。
Windows8なんか自分で買って損した…って、今更ながら思うわ。




KINGSOFT Office 2016 Personal パッケージCD-ROM版 -
KINGSOFT Office 2016 Personal パッケージCD-ROM版 -
posted by 丸儲けのWeizmel at 23:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

ようやく、基本情報技術者試験に合格した…





今年は2月に受けた、弟一級陸上特殊無線技士に続き、
基本情報技術者試験にも合格した。
午後の得点は合格点にマージン2点しかなかった。
ボーダーラインぎりぎり。
問7の出題ミスによる棚からぼた餅的な得点がなければ…
いつも通り後一歩のところで敗退していたかも知れん。
ともあれ、次は手堅く、応用情報を受けるか、それとも…
一気にネスペを目指すか…思案のしどころ。




徹底攻略 ネットワークスペシャリスト教科書 平成28年度 -
徹底攻略 ネットワークスペシャリスト教科書 平成28年度 -
タグ:IPA 基本情報
posted by 丸儲けのWeizmel at 00:47| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

テレビ東京製作の深夜ドラマ枠、つい見てしまう…。





最近、昼のセント酒を毎回欠かさず見てしまう…
内容的には、孤独のグルメやワカコ酒の柳の下の2匹目の泥鰌を狙っているのが見え見えなのだが…
銭湯大好きな自分のニッチな趣味をドンズバで突いてくるのがええな。
低予算で此処まで見せる…ありかも。




posted by 丸儲けのWeizmel at 01:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

児童に“反安保”プリント 誤配布、校長ら厳重注意へ 松戸の公立小 千葉日報オンライン 5月7日(土)10時0分配信





児童に“反安保”プリント 誤配布、校長ら厳重注意へ 松戸の公立小
千葉日報オンライン 5月7日(土)10時0分配信


松戸市の市立小学校が新入生に対し、安全保障関連法に反対する署名を求めるプリントを配っていたことが6日分かった。女性団体が配布を求めてきたものを確認不足で誤って配ったとして、学校は保護者に書面で謝罪した。市教委は校長、教頭を近く厳重注意する方針。

プリントは市内に支部がある女性団体が作ったチラシ2枚。団体の活動や就学援助制度の紹介などとともに、「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名に取り組んでいます」と、安保関連法への反対署名や団体への加入を求める内容が記載されていた。

市教委によると、プリントは入学式翌日の先月13日に、学校から保護者への手紙などと一緒に1年生児童94人に配られた。

同月上旬に団体が学校へ配布を要請し、1回は断ったが2回目に教頭が受け取り、内容や団体を詳しく確認せずに校長の許可を得て1年生の各クラスに渡した。他にも市内の約10校に同様の要請があり、配布を断ったものの、2校では校門の前で直接配布が確認されたという。

市教委は校長と教頭から事情を聴き、5月2日の校長会と6日の教頭会で経緯を報告した。県教委には6日に報告。保護者にも同日「特定の政治的意図はなかったが、誤解を与え申し訳ない」と謝罪する手紙を配布した。

公立小学校の政治的中立性に関わる問題で、市教委は「児童に配布する文書については、今後管理職が厳しくチェックするよう指導するとともに、マニュアル化を進めて再発防止に努めたい」としている。

最終更新:5月7日(土)10時0分

「特定の政治的意図はなかったが、誤解を与え申し訳ない」って、嘘付け…
何処を如何見ても特定の政治的意図があって、
其れに基いた計画的犯行としか思えないのだが…
「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名に取り組んでいます」ってゆう文言から見ると、
先日、東大阪生協病院が投函したビラと全く同じ内容やろな…。
表題を見ただけで特定の政治的意図があるとしか思えないと判る内容のビラを
何も考えず右から左的に配布したとしたら、
それは教育者以前に人としてアカンやろ。校長と教頭は懲戒免職やで。
てゆうか、意図的に思想教育しようとしたのは明白。
自分が小学生の頃、日教組の影響がやたら強い学校やったんで、
社会の授業は当時の中曽根政権をモロに批判する内容だったし、
道徳の授業は反米教育その物やったしな。
にんげんの教科書って何?あれの内容も大概、左翼的だが、
それすらも使わず、ガリ版刷りのプリント使っての
思想教育一辺倒やったで。
今回の千葉の小学校も、
日本共産党と結託した思想教育の一環として
日常的に行われてる手口の一つやろ…。




posted by 丸儲けのWeizmel at 04:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

安倍首相、9条改正に意欲=改憲派集会にビデオメッセージ 時事通信 5月3日(火)20時12分配信





安倍首相、9条改正に意欲=改憲派集会にビデオメッセージ
時事通信 5月3日(火)20時12分配信


安倍晋三首相は、改憲派の団体が東京都内で3日に開いた集会「公開憲法フォーラム」にビデオメッセージを寄せ、「今の憲法には自衛隊という言葉はない。本当に『自衛隊は違憲かもしれない』と思われているままでいいのか」と述べ、憲法9条の改正に意欲を示した。

 
この中で首相は、複数の世論調査の結果から、憲法学者の約7割が自衛隊は違憲の可能性があると考えている一方、国民の9割が自衛隊を信頼している、と説明。自衛隊を憲法に明記することについて「国民的な議論に値する」と強調した。

その上で、「憲法に指一本触れてはならない、議論すらしてはいけない、といった思考停止の姿勢に陥ってはいけない」と指摘。「今後ともこれまで同様、憲法改正を訴えていく」と語った。 

最終更新:5月3日(火)21時29分

9条に限らず、今の現状と照らし合わせて、70年前の価値観や倫理観では
対処出来なくなってきている部分は改正してしかるべきであるし、
アメリカの中のリベラルな連中に押し付けられた憲法を後生大事に何も手をつけずに
使い続けている現状がおかしいと思うのだが、
「アメリカいいなり」云々と声高に政府を批判する割りに
其の、アメリカに押し付けられた憲法を守れと云う
日本共産党って、良く言ってもダブルスタンダード、要するに二枚舌やん。
その実は何でも反対すりゃええとか、
日本赤軍や中核派と変わらんテロリスト的な思想が根本にあるんやろ。
いいなりになるのをやめろというなら憲法改正もしくは自主憲法を制定しないとね。




posted by 丸儲けのWeizmel at 02:41| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

近大の学生が騒いでて五月蝿い




GWに入るや否やこの騒がしさ。
普段から廊下ですれ違った際に挨拶しても
シカトするような連中なので、当然モラルは低いんやろう。
同じ東大阪市内の私立大学でも
大商大の方が学生さんのモラルとか社会への貢献度は高いな。
実際、先月の情報技術者試験の会場が大商大だったのだが、
その際に色々と学生さんが親切にしてくれた。
(試験の運営サイドの係員より親切やった。)
所詮、派手なパフォーマンスでアホ学生をかき集めて
資金源とし、近大マグロ等の開発資金として利益を出すビジネスモデル…
近大に食い物にされている被害者であるとも気づかずに
バカ騒ぎする近大生の知能は相当低いやろうな…。




ブルーヘスペロン キンダイ 270粒x3個 -
ブルーヘスペロン キンダイ 270粒x3個 -
posted by 丸儲けのWeizmel at 23:43| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オスプレイの被災地支援にバッシング 左派系メディアの「的外れ」 産経新聞 4月30日(土)11時40分配信





オスプレイの被災地支援にバッシング 左派系メディアの「的外れ」
産経新聞 4月30日(土)11時40分配信


ヘリコプターは垂直離着陸やホバリング(空中停止)が可能だが、速度が遅く、航続距離も短い。一方、固定翼機は速度が速く航続距離も長いが、垂直離着陸やホバリングができない。オスプレイは、ヘリと固定翼機の“良いとこどり”をしたといえる。

旧型の大型輸送ヘリ「CH46」に比べ、速度は約2倍、荷物の搭載量は約3倍を誇る。新型ヘリの「CH47」と比べると積載量は劣るが、速度や行動半径では圧倒する。主翼に備えた2つのプロペラの角度を変えることで、飛行形態を「固定翼モード」と「垂直離着陸モード」に切り替えることができる。

陸上自衛隊幹部は「固定翼機並みのスピードで目的地に急行し、滑走路のない山間地のような場所に着陸することもできる。有事や大規模災害時の際に有効なオペレーションを展開できる」と指摘する。

実際、2013年11月のフィリピンの台風災害では、米海兵隊のオスプレイがフィリピン政府よりも早く被災地に入り、災害支援に尽力した。

東日本大震災の際、在沖米海兵隊は「トモダチ作戦」を展開したが、オスプレイはまだ配備されていなかった。そのため当時の主力だったCH46ヘリが出動したが、飛行距離が短いため途中給油を余儀なくされ、現地に到着するまで3日もかかった。もしオスプレイが日本に配備されていたら、3時間程度で展開できたといわれる。

オスプレイは現在、米海兵隊や米空軍などが導入している。海兵隊の場合は「MV22」、空軍は「CV22」と表記される。その有用性から、陸自も平成31年度からオスプレイ17機を順次配備し、離島防衛や大規模災害支援に活用する計画だ。陸自のオスプレイは「V22」と表記されている。

ただ、オスプレイは開発段階や訓練中に事故を起こしたことから、日本国内の一部でいまもアレルギーが残る。すでに技術的な問題点はクリアされているものの、在日米軍や国内配備に不満を持つ反対派は聞く耳を持たず「日米同盟の政治的象徴のように扱われしまっている」(防衛省幹部)のが実情だ。

そんな米海兵隊のオスプレイが、熊本地震で日本国内初となる災害支援任務に就いた。震災発生から4日後の4月18日から輸送支援を開始。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の2機が岩国基地(山口県岩国市)を経由し、陸上自衛隊高遊原分屯地(熊本県益城町)に到着。水や食料、毛布などの物資を積み込み、熊本県南阿蘇村の白水運動公園に空輸した。

19日には、熊本県の八代湾に停泊している海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「ひゅうが」にオスプレイ4機が着艦。艦上で救援物資を積み込み、被災地に運んだ

オスプレイなど米軍による支援物資の輸送は24日に終結するまでの6日間で約36トンに上り、現地の被災者に支援に大きく貢献した。安倍晋三首相は非常災害対策本部の会合で「米国が示してくれた友情に対し、日本国を代表して感謝したい」と述べ、謝意を示した。

ところが、朝日新聞など一部のメディアは米国の厚意やオスプレイの実績に対し、感謝どころか「政治利用」「実績作り」といった批判を浴びせている。

4月22日の中谷元・防衛相の記者会見では、共同通信や東京新聞などの記者が執拗にオスプレイの必要性を追及した。中谷氏は「自衛隊も総力を挙げて対応しているが、できることは一つでもやりたいという観点で実施した。被災者の救援が第一だ」と繰り返し説明した。

それでも納得せず、「東日本大震災と違い限られた場所での輸送になぜオスプレイが必要なのか」「日米同盟の象徴として使ったのではないか」などの批判を重ねた。

さらには「自衛隊の能力が不足していたから米軍の支援を受けたのでは」「そんなに自衛隊の輸送力はないのか」と震災直後から被災地支援に全力を挙げる自衛隊の能力まで“口撃”。これには温厚な人柄で知られる中谷氏も気色ばみながら「全力でやってますよ!」と強く反論した。

一部メディアが指摘するように、今回の輸送支援はオスプレイの強みの1つでもある航続距離を特に必要とする任務ではなかったかもしれない。ただ、米海兵隊が現在の主力輸送機であり、災害支援に威力を発揮するオスプレイを投入することに違和感はなく、批判の対象とする理由にはならない。

また、日米両国は日頃から大規模災害時の防災訓練を共同で行い、そこにはオスプレイも参加している。訓練通りに実任務を遂行するのは軍事組織として自然なことで「政治利用」や「実績作り」という指摘も当たらない。仮に日米両政府にそうした思惑があったとしても、多くの被災者が救われている事実に変わりはない。

海上自衛隊幹部は「オスプレイへの批判はイデオロギーや感情論の域を出ていない。支援に当たってくれた米軍に申し訳ない気持ちだ」と閉口する。

緊急時に手を差し伸べてくれた相手に唾するような報道が、正当な批判といえるのだろうか。根拠のない“オスプレイ叩き”に躍起になる姿が、支援を受けた被災地や国際社会の目にどう映るのか、左派系メディアは冷静に見つめ直してはどうか。(政治部 石鍋圭)

最終更新:4月30日(土)15時26分

まぁ、左巻きの連中は所詮、日本赤軍の残党、成れの果て、成り損ない…
そんな連中の寄せ集めを囲ってたりするわけですから。
正論言うても無駄なんでしょう。
募金を党の運営資金に充てたり、
この緊急時に、戦争法案廃止を求める署名云々のビラをドアポストへ投げこんでくる
非常識な日本共産党とか、烏合の衆、民進党とか、
どいつもこいつも阿呆が雁首揃えとりますから。




1/72帰ってきたウルトラマン マットジャイロ (プラスチックキット) -
1/72帰ってきたウルトラマン マットジャイロ (プラスチックキット) -
posted by 丸儲けのWeizmel at 05:32| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする